経済小説

経済小説の第一人者といえば、高杉良が真っ先に浮かぶ。

綿密な取材を元に、内部に居た人間ではないと分かり得ない様な事まで細部に渡って掛かれているのが魅力。

日経の元社長に訴訟を起こされたり、こうしたスタイルにはトラブルもつきものだが、リアリティを求める読者としては非常にためになる。

ノンフィックションでありながら小説としての形態を持っているところに、格別な面白さがある。