Amazon 住宅リフォーム業参入へ

世界的にも有名なインターネット通販大手のアマゾンジャパンは、今月30日、積水ハウス、大和ハウス工業、ダスキンと連携をして、住宅リフォームの商品・サービスの販売を始めたことを発表した。
住生活に関わる、約5千品目を工事費込みで価格表示して、定額販売をするという。
価格を抑え販売できる、ネット通販の利点を生かして、潜在的な需要を取り込むことがねらいだという。
積水ハウスはグループ会社を通じ、キッチン、ユニットバス、洗面台など小規模なリフォームメニューを定額パッケージ化して提供をする。一般的なサイズのキッチンの場合は、工事費・税込み定額で76万9千円とのこと。
通常、リフォーム代は、商品代に加えて、工事代が必要となるという。
工事代は、施工内容や地域等で異なるが、過去のリフォーム実績・データを生かして、計算をし定額販売する。
リフォームの常識を覆すこの試み。しかし、信頼できる会社に少しでも安くリフォームをしてもらえるのならば、お得な情報だ。