ハーゲンダッツの新作、キャラメルトリュフとマカデミアバタースカッチ

アイスクリームブランドのハーゲンダッツから「キャラメルトリュフ」と「マカデミアバタースカッチ」がこの冬に新しく登場することがわかりました。
11月17日より、期間限定で販売されます。
ミニカップの「キャラメルトリュフ」は、優しい甘さのキャラメルのアイスクリームに、ほろ苦いキャラメルソース、パリパリのチョコレートチップを加え、食感と味のアクセントを楽しむことができます。
アイスクリームバーで販売される、「マカデミアバタースカッチ」は、ほろ苦いバタースカッチソースを加えたアイスクリームをバタースカッチコーティングで包みあげ、マカデミアナッツを散りばめたもの。
濃厚で甘いバタースカッチとマカデミアナッツを同時に楽しめます。
冬にぴったりの濃厚な2つのアイスクリーム。暖かい部屋で味わってみてはいかがでしょうか。

人気動画「隙間男2」の舞台裏

2013年に日本とアジアで活躍するYou Tuberを中心に制作され、大きな話題を呼んだ動画「Stalking Vampire~隙間男~」。続く「隙間男2」は8月14日に全話一斉公開となり、公開からわずか4日で累計再生回数1,000万回を突破し、現在2,000万回をマークしたとのこと。この大ヒット公開を記念して、9月4日に動画を手掛けた劇団スカッシュらYou TuberたちがBREAKER Labでファンと交流するイベントを開催した。
登壇したのは、劇団スカッシュの大塚竜也、前川健二、大塚祐也、中田大地と、はじめしゃちょー、MAHOTO、瀬戸弘司、PDS株式会社、MEGWIN、財部亮治の10名だ。彼らが撮影の裏側についてクロストークをした。
白塗りの隙間男を演じた中田は、「一番辛いのは焼けたアスファルト。また、草むらでは草ですごく肌が切れやすくて」と傷だらけになりながらも撮影した、真夏の裸足の撮影の過酷さを語った。
人をかむことで増え続ける”隙間男”との闘いを、動画が進むにつれて次の動画を選択できるゲーム的な要素を入れて描き、累計再生回数700万回以上を記録した「Stalking Vampire~隙間男~」。「隙間男2」では、今や世界の共通語、共通文化へと進化を遂げた”OTAKU”たちが隙間男から逃げながら”国民的アイドル”を助けに行く様を描いているとのこと。これは一見の価値がありそうだ。