「HONDA」偽造ロゴ入り盗難警報機販売

大手自動車メーカー「ホンダ」の偽造ロゴが入った車用盗難警報機を販売したとして、大阪府警生活安全特捜隊は22日、商標法違反の疑いで、大阪府藤井寺市青山、中古車販売店従業員、砂坂宗生容疑者(41)を逮捕しました。
「金もうけのためにやった」と容疑を認めているそうです。
逮捕容疑は3月と4月、兵庫県内の50代の男性ら2人に対し、「HONDA」の偽造ロゴが入ったアクリル板付き車用盗難警報器をインターネットオークションで販売し、ホンダの商標を侵害したとしています。
府警によると、砂坂容疑者は市販の警報器を約500円で仕入れ、ホンダなど各自動車メーカーのロゴを機械で彫り、1個約3千円で販売し、昨年5月からの約1年間で300万円以上を売り上げたとみられています。