各携帯電話会社とも…。

電話もほとんど利用しないし、インターネットなども繋げることがないと考えている人にとっては、3大キャリアの料金は高額すぎると思います。そんな方おすすめしたいと強く思っているのが格安スマホというものになります。去年(2015年)に「SIMロック解除」が義務付けられたというお陰で、格安SIMをSIMフリータブレットにて利用することにより、通信費をビックリするほど抑えることが叶うようになったわけです。最初は、安いモデルが売れていたMVNO限定のSIMフリー端末なのですが、現在はやや高額モデルが好まれており、性能的にストレスが掛かることはなくなったと言われるようになりました。格安スマホを売っている会社は、CBとか(キャッシュバック)とか各種のサービスを提示するなど、無料オプションを付けて競合企業の売り上げを奪おうとしているのです。一家で格安SIMを駆使するつもりなら、1契約あたりのSIMカードの枚数が重要ポイントになってきます。容量全体を複数のSIMカードでシェア可能なので、家族などと一緒での利用などにドンピシャリです。SIMカードと言われるのは、スマホなどのモバイル端末におきまして、通話とかデータ通信などを実施する際に欠かすことができないICチップカードのことで、電話番号を始めとした契約者情報がストックされているものです。SIMフリーという文言がスマホヘビーユーザーに浸透するのと同時に、MVNOという文言もよく見聞きするようになりました。MVNOは、Mobile Virtual Network Operatorの略になるのです。格安SIMの流通を拡大して、ユーザーにメリットをもたらしてくれました。格安SIMに人気が出てきて、ドスパラなどでは大手3大キャリアのコーナーだけじゃなく、SIMフリー端末専用のコーナーまでセットされ、いつでも購入できるというように変わりました。我が国においても、多彩で興味が惹かれる格安スマホが市場に出回るようになってきたようです。「自分の使用状態を鑑みれば、この割安なスマホで事足りるという人が、これから先より一層増加していくことは明らかです。各携帯電話会社とも、他社を利用中のユーザーを奪い取るために、古くから自社にて契約中のユーザーの機種変更の場合よりも、他社からMNPで移動してきてくれるユーザーを特別扱いしており、バラエティーに富んだキャンペーンを行なっているようです。SIMカードとは、スマホを代表とする端末に取り付けて利用する平たくて薄いICカードとなります。契約者の携帯電話番号などを記録する役割を果たしますが、まじまじ眺めることはほとんどないのではないかと思います。携帯電話会社に雁字搦めにされる契約パターンは、そろそろおしまいだという意見も聞かれます。将来は格安スマホが中心的な通信媒体になるはずです。MVNOとは、ドコモ・au・ソフトバンクの大手通信会社以外の携帯電話キャリアのことになります。数十社あるMVNOが格安SIMの販売を手掛けて、携帯電話サービスを提供しているというわけです。格安スマホの毎月の料金が大手3社と見比べてみて一段と安くなっているのは、これまでのスマホの無料通話をはじめとした過大なサービスを中止し、ミニマムの機能だけにしているためだと断言できます。「白ロム」という単語は、元は電話番号が登録されていない携帯電話機を意味する専門語でした。それに対し、電話番号が記録済みの携帯電話機のことを「黒ロム」と呼ぶと聞いています。

今の世の中でみんなが所有している携帯電話は…。

MNPだったら、携帯電話番号はそのままですし、友達などに伝えて回る必要もありません。昔にはなかったMNPを利用して、理想的なスマホライフをお送りくださいね。
格安SIMと言っても、実際的にはそこまで知られていない状態です。一番初めに行なう設定の手順さえ覚えれば、今日までの大手通信会社と一緒の通信環境でスマホを利用することができるのです。
各携帯電話会社とも、それぞれのサービスを導入しているので、ランキング形式にて提示するのは苦労を伴うのですが、超ビギナーの方でも「後悔しない&用意」格安SIMを、ランキング形式で発表いたします。
海外の空港においては、ごく自然に旅行者用のSIMカードが並べられているという実情だったというのに、日本に関しては、それらと一緒のサービスはいままでほぼ見受けられない状況が続いていたわけです。
格安SIMに関しましては、月々500円ほどで開始可能ですが、データ通信料が2プランに分かれていますので、比較・検討することが必要不可欠です。最優先に2GBと3GBで、それぞれ一カ月いくらで契約できるのかで比較するのがおすすめですね。

データ通信量が僅少だったり、音声通話も皆無に等しい人ならば、「格安SIMカード」という名で人気になってきた通信サービスにチェンジすると、通信料金を抑制できます。
SIMフリースマホであろうとも、「LINE」のみならず、諸々のアプリがスムーズに使用できるようになっています。LINEの一押し機能である無料通話またはトークも通常のスマホと変わりません。
様々な格安SIM事業者が販売中の中から、格安SIMカードを選び出す折のキーになるところは、値段だと思います。通信容量別にランキングを掲載しましたので、個々に相応しいものをチョイスしてもらえたらと思います。
いずれ格安スマホを購入する計画だと言う人をターゲットに、おすすめできる機種を一纏めにしました。ひとつひとつの料金や優れた点も案内しているから、参照して貰えたら嬉しいです。
今の世の中でみんなが所有している携帯電話は、TEL番号やメルアドなどの情報がSIMカードに明記されています。このSIMカードを外した状態の端末の事を、普段「白ロム」と呼んでいます。

ここ最近よく話を聞く「SIMフリー端末」。とは言っても、それって何のためにあるのか、プラス我々にいかなるメリットがあるのか?何を隠そう、SIMカードのロックが解除された端末のことになります。
「格安スマホおすすめランキング」をご紹介します。どんな理由でその格安スマホをおすすめしているのか?おすすめスマホ1台1台の良い面と悪い面を盛り込んで、嘘偽りなく解説しています。
端末は乗り換えないという方法もあります。現在契約中のキャリアと同じ回線網を借りているMVNOをチョイスすれば、端末をチェンジすることなく使い倒すこともできますから、ご心配なく!
「噂の格安スマホを買う予定だけど、どこで契約するのがベストかハッキリしない!」と言われる方に、乗り換えても失敗することのない“格安スマホ”をランキング形式でご覧に入れます。
格安スマホの売り上げ拡大を目指す企業は、現金バックやその様々なサービスを供与するなど、別枠オプションを付けて競合他社のシェアを食おうと考えているわけです。

水木しげるさんデザインの石像、盗まれる

和歌山県御坊市で『ゲゲゲの鬼太郎』で知られる漫画家の水木しげるさんがデザインした、妖怪の石像が盗まれたそうです。
8月2日午前、高さ50センチ・直径6センチの細い根元から折られ、無くなっていることに気が付いたとのことです。
盗まれた石像は、2009年8月に”鬼太郎・ねずみ男・猫娘”と、県のご当地妖怪として設置された7体のうちの1つの”高女”です。
公園ではポケモンGOをする人が多くなり、知らない人も増えたとのことです。
誰が盗んでしまったのでしょうか。
一刻も早く、持ち主に返却してほしいなと思います。
町の人たちも、石像が1つ無くなり寂しい気持ちになっているのではないでしょうか。

TBS 林みなほアナが結婚

TBSの林みなほアナウンサーが11日、結婚したことをブログで発表しました。
お相手は、同じTBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」を担当する、10歳年上の敏腕プロデューサーとのことです。
この日、2人で婚姻届けを提出しました。
林みなほアナは、「ザ・トップ5などのラジオ番組でご一緒し、仕事に向かう情熱や仲間を大切にする姿に惹かれていき、2年前の夏にお付き合いがスタートしました」と説明をしました。
「彼は、日常のささいなことから楽しいこと、また面白いことを見つけるのがとても上手な人。隣にいると何気ない生活が心躍る日々に変わります。ずっと一緒にいたいと思うようになりました。」と、幸せいっぱいにつづりました。
妊娠はしておらず、仕事は続けるということです。

選挙人名簿非登録の18歳、要望書を提出

今回の参院選は、投票権が18歳からと引き下げになった。ところが、住民票を実家に残して一人暮らしをしていると選挙人名簿に登録されず投票できないという。
帯広柏葉高3年の男子生徒(18)は、この件について総務省に要望書を送った。
要望書では「高校生は大学生とは違って生活の基盤は実家にある」とし、自治体により選挙人名簿登録基準がまちまちなため「その差を無くして新しく基準を定めてほしい」と求めたという。
男子生徒は下宿中で、町の選挙管理委員会に選挙権を得られるよう交渉し断られた。そこで国に要望書を送ることを思いついた。
見習いたい行動力だ。

中国  今年初の双子パンダ誕生

中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で20日、今年初となる双子のパンダが母親のヤーリーから生まれました。
体重はそれぞれ144グラムと113グラムです。
名前はまだないが、ともに雌で健康だということです。
中央電視台によると、2頭は保育器に入れられ、食事の時だけ外に出されるそうで、飼育係は「2頭とも極めて健康で、鳴き声もはっきりしている。毛の状態も体の状態も極めて良好」と語りました。
パンダは飼育下での繁殖が難しいが、これまでの経験から近年は誕生数が増え、同研究基地では昨年7頭が誕生しました。
元気に、すくすく育ってほしいですね。
名前の発表も楽しみにしています。

「HONDA」偽造ロゴ入り盗難警報機販売

大手自動車メーカー「ホンダ」の偽造ロゴが入った車用盗難警報機を販売したとして、大阪府警生活安全特捜隊は22日、商標法違反の疑いで、大阪府藤井寺市青山、中古車販売店従業員、砂坂宗生容疑者(41)を逮捕しました。
「金もうけのためにやった」と容疑を認めているそうです。
逮捕容疑は3月と4月、兵庫県内の50代の男性ら2人に対し、「HONDA」の偽造ロゴが入ったアクリル板付き車用盗難警報器をインターネットオークションで販売し、ホンダの商標を侵害したとしています。
府警によると、砂坂容疑者は市販の警報器を約500円で仕入れ、ホンダなど各自動車メーカーのロゴを機械で彫り、1個約3千円で販売し、昨年5月からの約1年間で300万円以上を売り上げたとみられています。

ハイスコアガール7月連載再開

スクウェア・エニックスは23日、ゲーム会社のSNKプレイモアに著作権侵害で刑事告発され、連載を一時休止していた押切蓮介さんのマンガ「ハイスコアガール」の連載を7月25日発売の月刊マンガ誌「ビッグガンガン」2016年8月号から再開すると明らかにした。約2年ぶりの連載再開で、「ハイスコアガール」のコミックス、電子書籍の販売も再開するとのこと。
「ハイスコアガール」はSNKプレイモアが同社の著作権を侵害しているとして、14年5月26日付でスクウェア・エニックスやその役員・社員を大阪府警に刑事告発したが、15年8月に両社の間で和解が成立していたという。
ハイスコアガールは、押切さんが月刊マンガ誌「月刊ビッグガンガン」で連載。1990年代の懐かしのゲームをテーマにした作品で、「増刊ヤングガンガン」2010年Vol.11と「増刊ヤングガンガン」11年Vol.1~3の掲載を経て、11年10月に「月刊ビッグガンガン」で連載を始めた同誌の看板作品。ゲームに熱中する主人公・矢口ハルオとお嬢様・大野晶が、人気格闘ゲーム「ストリートファイター2」の対戦をきっかけにケンカしつつも少しずつ仲良くなるというストーリー。
1980~90年代に人気を博した多くのゲームが登場し、「ザ・キング・オブ・ファイターズ」や「サムライスピリッツ」などSNKプレイモアの作品も登場していたそうだ。当時は高校生編が連載中で、テレビアニメ化も発表されていたが、刑事告発を受けて14年8月に漫画の連載を一時休止していたという。
連載を心待ちにしていたファンも多くいるので、和解が成立して連載再開となって本当に良かった。

豪、たばこ増税へ

オーストリアでは来年からたばこが増税対象となる。
豪政府は3日、新年度予算案を発表。そこでは2017年から4年間、たばこの税率が毎年12.5%ずつ増えていくとあった。
増税前の現在、オーストラリアでは1箱25本入りのたばこが25豪ドル(日本円にして約2000円)で販売されている。これも世界的にみると高いものだ。今後4年かけ、2020年には40豪ドル(日本円にして約3200円)になる。愛煙家からは悲鳴が上がっている。
オーストラリアのターンブル首相は「税収増だけでなく、国民を喫煙から遠ざけるのも狙いだ」と話す。
1995年時点で今の5分の1ほどの値段で喫煙率は25%、その後の増税や、健康被害を警告するパッケージの導入で、現在では喫煙率は13%前後まで低下したという。4年後には更に低下する見込みだ。
喫煙しない側からすればいっそ法律で廃止すればいいと感じるが、依存性のあるものなのでそうもいかないのだろうか。日本でも増税は進みそうだ。

代々木競技場、耐震工事に22カ月

日本スポーツ振興センターのJSCは4月20日、2020年東京オリンピック・パラリンピックで競技会場となる国立代々木競技場について、耐震改修工事に22カ月を要するとの見通しを明らかにしました。
2017年の夏までには実施設計と工事契約を終えて工事に着手をし、2019年3月末までに終了する予定とのことです。
工事期間中はほぼ使用できなくなるため、JSCの高谷吉也理事は「他の施設を利用していただかなくてはならない」と話し、各競技団体に代替施設利用を促す意向を示した。JSCによると、国立代々木競技場の第1体育館は稼働率が高く、2015年度は329日にわたって利用されました。